1)介護資格

介護資格は普通学校に通って国家試験を受けます。どの介護資格が欲しいかによって、専門学校や福祉大学などに分かれます。大学の介護福祉科では、介護の基礎知識だけではなく、心理学やカウンセリングなど、メンタル的に必要とおもわれる学科も学ぶことができます。実技の授業もあり、卒業すると同時に介護福祉士の資格や社会福祉主事併用資格、福祉レクレーションワーカーなどが取得できます。これは国家試験をうける必要がないので、介護資格が取得しやすいといったメリットがあります。
介護の専門学校ではホームヘルパーや、ケアマネージャーなどの介護の国家資格の受験対策が行えます。専門学校ではホームヘルパー2級の介護資格の取得を目指すカリキュラムが多いようです。ホームヘルパー2級は介護業務が全て行える介護資格で、実務経験がなくても取得できるので就職などに役立ちます。
介護の仕事といっても、たくさんあります。自分がどのような介護に携わりたいのか、によって介護資格も変わってきます。大学を選ぶか専門学校を選ぶかで大きく違ってきますので、まずは自分がやりたい仕事を考えてから決めるのがよいでしょう。介護資格には、ケアマネージャー、主任ケアマネージャー、ホームヘルパー、社会福祉士、介護福祉士、環境コーディネーターなどがあります。
高齢化社会にともなって、介護の現場では常に人材が不足しています。そして介護資格をもった人を求めているのです。ますます介護資格を取得して、介護の仕事を始める人も増えていくでしょう。また人材不足に対して、海外から介護資格をもった人を受け入れたりしています。
ここで高齢化社会について少し説明しましょう。65歳以上の人の割合が国全体の総人口の7%以上を占める社会のことを 「高齢化社会」と言います。現在、すでに日本では高齢化社会であり、その割合は急速に加速していっています。さらに子供の出生率も年々低下する一方です。今は1.29人という数字が出ています。このままでは、老人達をささえる、若者が少なくなっていってしまう。とても深刻な状況に突入しているのです。
この事から、介護されるべき老人達は増えていき、その介護をする若者たちは不足していく事態がおこります。現状でもすでに不足していますので、今後、その介護する若者たちが年をとれば、その状況はさらに悪化する事になるでしょう。高齢化社会ですが、老人の寿命ものびています。介護する時間が長くなるわけですから、介護する側も高齢化がすすんでいく事になるでしょう。
そのため、介護の仕事はとても需要があります。不況の世の中ともあって、介護業界へ転職したり、ハローワークなどでも、その斡旋をうながしたりしています。ですが介護はだれにでもできるわけではありません。介護資格が必要となります。国家資格が必要な資格もあり。とても専門的な知識を身につけなければなりません。ホームヘルパーなどの実務経験をつんで、さらに資格を取得するケースもあります。また専門学校で学んで試験に向かって専門的に学ぶ方法もあります。専門学校も増加していて、資格によって様々なカリキュラムが組まれています。
介護福祉士という資格があります。これはどういった事をする人なのでしょうか。現在寝たきりのお年寄り達がたくさんいます。そういった介護を必要としている人に対して、食事や入浴排泄などの日常の生活を面倒見てあげる、ことだけでなく、介護をしている人にたいして専門知識でアドバイスをしたり、正しい介護方法を教えます。介護が必要とまではいかない老人たちにメンタル的な相談にのったりする役割ももっています。しかし医師や看護師とは違うため、点滴や注射などの医療行為は行うことが出来ません。介護福祉士の資格を取得するには、3年以上の実務経験がある人など 介護福祉士の国家試験を受験しなければなりません。専門学校など一定の養成施設を卒業した人であれば国家試験は不要で介護福祉士の資格を取得できます。その後の仕事先は、特別養護老人ホームや民間の福祉関連企業、病院などで就職できます。現在は女性が多く活躍していますが、今後は男性も増加していくことでしょう。
ケアマネージャーとはどんな仕事でしょうか?介護支援専門員ともいいます。現在日本には介護保険制度というものがあります。ケアマネージャーは、この介護保険制度を利用する介護を必要とする人に対して、その人に合った介護サービスが受けられるように自治体や介護保険施設などと打ち合わせをして、介護を必要とする人や介護を行う人と相談しながら、最適な介護計画の作成をする仕事です。また、介護保険金などの業務も行います。保健医療サービスなどの専門的な知識が必要になります。この資格を取得するには、とても時間と労力がかかります。医師や介護福祉士などの資格を持つ人で5年以上の実務経験がある人が受験資格を与えられます。合格後してからも介護支援専門員実務研修を受けなければなりません。そして初めて ケアマネージャーの資格が取得できるのです。
介護保険事務という仕事もあります。介護保険が適用されている老人保健施設や在宅介護サービス事業所などで事務業務を行います。こちらは国家試験はなく、民間の団体が行っている講座を修了すれば資格が取得できます。民間の団体に大きな違いはなく、どこで取得しても、内容にさほど違いはないようです。年齢や、性別、経験等関係なく受講できますので、誰でも挑戦することができます。受講内容は介護保険事務の概要、介護報酬請求やケアプラン実施のサポート、施設における接遇対応業務などを学び、実技ではレセプト作成を行います。介護の仕事は人手不足ですし、高齢化社会の上に、不況ときてますから、勉強して損はないでしょうね。受講費用は、4万円程度で介護保険に関する講義や実務演習の費用も含まれていることが多いようです。介護保険事務は民間の資格なので、行っているスクールによって資格内容が異なり、複数の関係資格が存在しています。

また、最近では電子カルテやレセプトを用いた病院は一般化してきており、介護のみならず医療の面からも的確なサポートが受けられます。

介護士が働く現場として代表的なところが有料老人ホームなどの介護施設です。有料老人ホームは民間の介護施設で住居型・介護付き・健康型の3種類があり、介護の必要な程度や健康状態によって選ぶことができます。有料老人ホームには専門知識を持った介護福祉士がいるので、安心して入居することができます。高齢化により有料老人ホームの需要が増えてきています。


ホームヘルパー1級のお仕事も紹介します。ホームヘルパーは介護の現場で実践的にお仕事をします。ホームヘルパー2級よりもレベルが高い内容で、主任ヘルパーなどに求められる資格です。資格取得の受験資格はホームヘルパー2級を持っていて実務経験が1年以上あることが条件です。
難しい試験などないですし、講習をうけるだけで取得できるそうですから、時間が空いているときに受けてみるののいいのではないでしょうか?いやむしろ、時間を作って講習を受けてみましょう。講習は230時間で、費用は20万円弱くらいなようです。仕事内容は2級の時とほとんど変わりはありません。ですが、やはり上の級ですので、就職や転職などに有利ですし、正社員に雇用されやすいでしょう。
また、ホームヘルパーを指導する立場になることもできます。ホームヘルパー1級の講座では、社会保険制度や老人福祉制度やサービス、痴ほう症や障害を持つ高齢者老人の介護方法、ホームヘルプサービスの運営方式、医学の基礎知識や心理学的な援助方法などを学びます。
ホームヘルパー2級はどうでしょう。ホームヘルパーの仕事は老人ホームなどの福祉施設や訪問介護、またボランティアなどで介護の仕事を実践で行います。そして2つのタイプがあって、介護保険制度でのホームヘルパーと障害者支援費制度でのホームヘルパーです。ですが高齢者のお世話をする介護保険制度でのホームヘルパーの仕事が一般的です。
介護をするには、必要な知識や技術が必要となるため、ホームヘルパーの資格を取得した方がよいでしょう。ホームヘルパーの資格は、1級から3級まであり、登録ヘルパーやパートなどの短時間のヘルパーの場合は、3級程度の知識で問題ありませんが、介護全般の仕事をこなすことは出来ません。よって施設ヘルパーや在宅ヘルパーなどの仕事をしたい方は、ホームヘルパー2級を取得した方がよいでしょう。ホームヘルパーは国家資格ではなく、厚生労働省が認定している講習を受けて研修をし、終了すると認定資格がもらえますので、比較的簡単に取得できます。
ほとんどの福祉の現場では、ホームヘルパー2級以上の資格をもっていた方が有利なので、どうせ取るなら2級の方がいいかもしれません。

介護資格がこれからますます求められています。高齢化社会にともなって、介護できる人の需要がますます増加し行きます。家族だけでは介護は難しい現状です。よって介護資格を取得しようとする人も増えています。この不景気の中、失業してしまった人や、家庭の主婦など、新しく仕事をしたくてもなかなか就職先がみつからないのが現状です。何か資格でもあれば有利なのに、と思って見つけたのが、介護福祉士。特別な経験がなくても取得することができます。その後5年の実務経験を積めばケアマネージャーの資格にも挑戦できます。この先人からますます必要とされる仕事で、自分もステップアップできやりがいももてる。介護という仕事に興味をもってみてはどうですか?

おすすめWEBサイト 5選

人気のline 掲示板
http://sagaasu.net/line/
人気の今治タオル
http://www.tanokichi.com/
川崎 美容室
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000052843/
京都で和装前撮り
http://www.bridalveil-kyoto.com/
沖縄の青の洞窟で体験ダイビング
http://sea-monk.com/